補助事業概要の広報資料

整理番号  2018P-092

補助事業名  平成30年度 学術・文化の振興のための活動 補助事業

補助事業者名 (N)さいたま映像ボランティアの会

 

1 補助事業の概要

(1)事業の目的

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2018を15周年記念大会として開催。コンペティション部門には98の国と地域から計832本の応募があり、一次審査を経てノミネートされた作品を、4Kにも対応する環境で上映。国内外の著名な映画人で構成する審査員が優秀作を選んで表彰する。この他、15周年記念特別企画やアート&エンタテインメント双方に跨る多彩な作品を上映し、関連イベントや夏祭りも開催。

当映画祭の開催を通じ、次世代を担う新たな才能を発掘・育成し映像産業の発展に寄与するとともに、映像文化の健全な発展を図り、個性豊かで活力ある地域文化の創造に寄与する。また、地域経済の振興とコミュニティの活性化に貢献する。

会期:2018年7月13日(金)~22日(日)の10日間

開催地:SKIPシティ(埼玉県川口市上青木3-12-63)

MOVIX川口 (埼玉県川口市並木本町1-79 アリオ川口3F)

(2)実施内容 

  • コンペティション部門
  • 15周年を機に部門構成をリニューアルして新たなスタートを切った。昨年度までの、長編部門、短編部門、アニメーション部門の3部門構成を、国際コンペティションと国内コンペティション(長編、短編)の2部門3カテゴリー構成とした。国際コンペティションには史上最多の98の国と地域から589本、国内コンペティションには243本(長編67本、短編176本)の応募があり、11名の一次審査員がノミネート作品の選考にあたった。国際コンペティション10本(うち1本は国内作品)、国内コンペティション13本(長編4本、短編9本)が選ばれ、前者は各3回ずつ(MOVIX川口で1回)、後者は各2回ずつを期間中に上映した。渡辺真起子氏(俳優)を委員長とする4名の国際審査員、桝井省志氏(映画プロデューサー)を委員長とする3名の国内審査員が厳正な審査を行い、下記のとおり受賞作品を選定、トロフィー、賞金等を贈り表彰した。

【国際部門】

最 優 秀 作 品 賞:『ナンシー』(アメリカ)

監  督  賞    :『あの木が邪魔で』(アイスランド、デンマーク、

ポーランド、ドイツ)

審 査 員 特 別 賞:『最後の息子』(韓国)

スペシャル・メンション:『ザ・スワン』(アイスランド、ドイツ、エストニア)

S K I P シティアワード:『彼女はひとり』(日本)

【国内部門】

優秀作品賞(長編):『岬の兄妹』

優秀作品賞(短編):『予定は未定』

審 査 員 特 別 賞:『口と拳』

※SKIPシティアワード受賞者には、SKIPシティ内の映像制作施設、設備の一定期間の利用を提供。

※観客人気投票では国際コンペティション部門からは『ザ・ラスト・スーツ(仮題)』、

国内コンペティション長編部門では『岬の兄妹』、短編部門は『はりこみ』が選ばれた。

①オープニング上映
15周年記念作品として川口市が製作した『君がまた走り出すとき』を上映した。全編を川口市内で撮影し、300人を越える市民がエキストラとして参加した。本映画祭「短編部門」に二度ノミネートされた経歴を持つ中泉裕矢監督が、初の長編作品としてメガフォンをとった。

③ 15周年特別企画
・名匠たちの軌跡
世界の巨匠監督たちを追ったドキュメンタリーを通して「映画監督」について考
察するプログラム。『A.K.ドキュメント黒澤明』、『映画が時代を写す時-候孝賢と
エドワード・ヤン』、『ドキュメンタリー:映画監督ミヒャエル・ハネケ』の3本を上映。
・飛翔する監督たち from SAITAMA
日本映画界の第一線で活躍する埼玉県出身監督の4作品(『映画 夜空はいつでも最
高密度の青色だ』、『22年目の告白-私が殺人犯です-』、『横道世之介』、『犬猿』)を上映し、監督、出演者によるトークショーを開催。

④ 「怪盗グルーシリーズ」一挙上映
子供から大人まで幅広い支持を得る大人気キャラクター「ミニオンズ」が活躍する「怪盗グルーシリーズ」を3本まとめて上映。

⑤ バリアフリー上映
実話をもとにした大ヒット作品『8年越しの花嫁 奇跡の実話』を上映。スマートフォンのアプリを使って字幕や音声ガイドを再生できる「UDCast」方式を採用。

⑥ 関連企画
・ママ・シアター
オムツ交換・授乳スペースを備え、ベビーカーも入場可能な上映環境を整え、ロン
グヒットしたドキュメンタリー『人生フルーツ』を上映。
・VR上映
新たなエンタテインメントとして定着しつつあるVR映画の最前線を紹介すべく、海
外の映画祭でも注目を集めている2本の日本作品(『ブルーサーマルVR-はじまりの空-』、『ウルトラマンゼロVR 大都会の戦慄 エレキング対ゼロ』)を上映し、監督、識者を招いてセミナーを開催。
・メイド・イン・SKIPシティ
SKIPシティを拠点に活動する映像クリエイターが制作した、埼玉県の魅力を発信す
る短編映画2本の上映と舞台挨拶を行った。
・カメラクレヨン
川口こども映画クラブが制作した映画と、地元の小学生が映像学習プログラムでテ
レビ番組作りに挑戦した作品の中から選りすぐった作品を上映し、小学生の舞台挨拶を行った。

⑦ 野外上映
今年の4月に亡くなった高畑勲監督が関わった懐かしの名作アニメ3本(『パンダコパンダ』、『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』、『名探偵ホームズ 青い紅玉の巻/海底の財宝の巻』)を屋外のスクリーンで上映。

⑧ 関連イベント(SKIPシティ夏祭り)
ふれあいイベント、オートレースPRコーナー、盆踊り、夜店、交通安全体験車、一日
動物園、ベーゴマ教室、野菜ソムリエ、映画制作ワークショップ、川口法人会の夏祭
り、シネマカフェ、臨時保育サービス など。

【主会場の増設】
アクセスの便利な川口駅前のシネコン「MOVIX川口」にて、最終日を除く9日間にわた
りオープニング作品及び国際部門の10作品を上映。

2 予想される事業実施効果
・世界初のデジタルシネマに特化した映画祭として注目を集めその普及と発展に貢献。
・若手映像クリエイターの発掘と育成を掲げて地道な努力と工夫を積み重ね、着実な成果を上げてきた。当映画祭が輩出した多くのクリエイターが、国内外の映画界に活躍の場を拡げ(海外著名映画祭での受賞、相次ぐ商業デビューや劇場公開作品の大ヒットなど)、今や“我国を代表する若手の登竜門”として広く認知されている。
・地域に支えられ共に歩んだ映画祭である。地域を代表するイベントとして定着しつつあり、今後も世界に誇れるイベントを目指して地域住民と手を携えて努力を続けたい。
・映画祭の発展を梃子に、地域起こし(映像を核とした地域文化の振興、地域コミュニティの活性化、先端映像産業による地域経済の振興)に貢献する。

 

 

 

4 事業内容についての問い合わせ先
団体名: 特定非営利活動法人 さいたま映像ボランティアの会
(トクテイヒエイリカツドウホウジン
サイタマエイゾウボランティアノカイ)
住   所: 〒333-0845
埼玉県川口市上青木西1-20-3 産業文化会館206
代 表 者: 理事長 田中一成(タナカカズナリ)
担当部署: 本部(ホンブ)
担当者名: 冨永威允(トミナガタケヨシ)
電話番号: 048-259-3421
FAX: 048-253-1305
E-mail: eizov@bf7.so-net.ne.jp
URL: http://www.eizov.com/
http://www.skipcity-dcf.jp/

補助事業概要の広報資料

 

整理番号  2017P-091
補助事業名  平成29年度 学術・文化の振興のための活動 補助事業
補助事業者名  特定非営利活動法人 さいたま映像ボランティアの会

1 補助事業の概要
(1)事業の目的
映画の3次革命と称されるデジタルシネマにフォーカスしたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭を開催。世界から作品を公募し、一次審査を経てノミネートされた作品を、4Kデジタルシネマプロジェクターによる世界最高水準の環境で上映し、国内外の映画界で活躍する著名な映画人からなる審査員が、各部門の優秀作品を選び表彰する。当映画祭の開催を通じ、未来の映像業界を担う若い才能を発掘・育成し、また地域の住民が良質かつ最先端の映像文化に触れる機会を提供する。これにより、個性豊かな地域文化の創造と活力ある地域の発展を実現すると共に、21世紀の映像文化の健全な発展を図り、公益の増進に寄与する。また、地元川口のオートレース事業を映画祭来場者に広くPRし、オートレース事業の一層の発展にも寄与する。
(2)会期:2017年7月15日(土)~23日(日)の9日間
(3)開催地:SKIPシティ(埼玉県川口市上青木3-12-63)
こうのすシネマ(埼玉県鴻巣市本町1-2-1)
彩の国さいたま芸術劇場(埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1)

(4)実施内容(http://www.eizov.com/?p=2035)
①コンペティション部門
長編部門は85の国と地域から617本(うち国内から65本)、短編部門は153本、アニメーション部門には40本の応募があった。13名の一次審査員が選考にあたり、海外長編9作品、国内長編3作品、短編部門12作品、アニメーション部門10作品をノミネートし、各2回ずつ上映した。黒沢清氏(映画監督)を委員長とする長編審査員、桝井省志氏(映画プロデューサー)を委員長とする短編審査員、小出正志氏(東京造形大学教授)を委員長とするアニメーション審査員による厳正なる審査を行い、下記のとおり受賞作を選定し、トロフィーと賞金を贈り表彰した。
【長編】
最 優 秀 作 品 賞 :『愛せない息子』(ノルウェー)
監 督 賞    :『中国のゴッホ』(中国・オランダ)
審 査 員 特 別 賞 :『市民』(ハンガリー)
SKIPシティアワード:『三尺魂』(日本)

【短編】
最 優 秀 作 品 賞 :『冬が燃えたら』
奨 励 賞    :『サイレン』
『追憶ダンス』
SKIPシティアワード:『冬が燃えたら』

【アニメーション】
最 優 秀 作 品 賞 :『I think you’re a little confused』
奨 励 賞    :『The Interpreter』
『竹田駅メモリーズ』
SKIPシティアワード:『I think you’re a little confused』

※SKIPシティアワード受賞者には、SKIPシティ内の映像制作施設、設備の一定期間の利用を提供。
※観客人気投票では、長編は『三尺魂』、短編は『born、bone、墓音』、アニメーションは『ももちゃんのねこ』が選ばれた。

②オープニング上映
「若手映像クリエイターの発掘・育成」を強化すべく、昨年度の映画祭にノミネートした堀江貴大監督の商業映画デビュー作『ANIMAを撃て!』を、映画祭実行委員会が主体となり製作。ワールドプレミア上映した。
③長編アニメーション上映
劇場で大ヒットし、第40回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した『この世界の片隅に』と、第87回アカデミー賞長編アニメ映画賞にノミネートされた『ソング・オブ・ザ・シー 海のうた』を上映。
④バリアフリー上映(日本語字幕 及び 音声ガイド付き上映)
第40回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ6部門で優秀賞を受賞した『湯を沸かすほどの熱い愛』を上映。監督は2012年の本映画祭で監督賞とSKIPシティアワードをW受賞した中野量太。
⑤特集上映「飛翔する監督たち」
2016年から2017年にかけ、本映画祭にノミネートされた多くの監督の作品が商業公開され、また国内外の映画祭で受賞するなど、様々に注目を浴びた。その監督達の本映画祭での上映作品(長編3本、短編3本)を上映し、トークショーを開催した。上映作品は以下のとおり。『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(白石和彌監督)、『チチを撮りに』(中野量太監督)、『神奈川芸術大学映像学科研究室』(坂下雄一郎監督)、『It’s All in the Fingers』(石川慶監督)、『イチゴジャム』(庭月野議啓監督)、『ケンとカズ』(小路紘史監督)。
⑥特別企画
・「Dシネマー新たなる潮流」
次世代の映像メディアとして高い注目を集めるVR(バーチャルリアリティ)映画。「Dシネマ」の最前線として、国内外6本のVR作品の上映とトークイベントを行った。
・ヨーロッパから見た日本映画
世界最大の日本映画祭としてドイツのフランクフルトで開催される「ニッポン・コネクション」。今年5月に開催された同映画祭でニッポン・ビジョンズ観客賞を受賞した今村彩子監督の『Start Line』を上映し、同映画祭プログラミングディレクターを迎えてトークイベントを行った。
⑦関連企画
・メイド・インSKIPシティ
SKIPシティを拠点に活動する映像クリエイターが制作した、埼玉県の魅力を発信する短
編映画2本の上映と舞台挨拶。
・ママ・シアター
赤ちゃん連れでも鑑賞可能な環境を整えた会場で『アメリ』を上映。
・カメラクレヨン
川口子ども映画クラブの制作作品と、小学生がTV番組作りにチャレンジした映像学習プ
ログラム傑作選の上映と舞台挨拶。
・地域発信映画『花の兄』上映
埼玉県寄居町を拠点に制作された地域発信型映画の上映。

⑧野外上映
子供たちに人気のアニメ作品を上映(7月16日『トムとジェリー オズの魔法使い』、7月
22日『LEGOスーパーヒーローズ:ジャスティス・リーグ<クローンとの戦い>』)
⑨映画祭関連イベント(SKIPシティ夏祭り)
ふれあいイベント、オートレースPRコーナー、盆踊り、夜店、交通安全体験車サイトく
ん、一日動物村、ベーゴマ教室、野菜ソムリエ、映画制作ワークショップ、プロレス&音楽ステージ、シネマカフェ、臨時保育サービスなど。

⑩サテライト上映
埼玉県内の遠隔地在住の住民も映画祭を楽しめるよう、彩の国さいたま芸術劇場とこうのすシネマの2会場で、7月16日と17日の2日間に亘り、短編部門とアニメーション部門のノミネート作品を上映した。

2 予想される事業実施効果
・世界初のデジタル映画に特化した国際映画祭。その普及と発展に果たした功績は高く評価されている。今年度はVR(バーチャルリアリティ)の特別企画を開催するなど、デジタルシネマの最前線分野の開拓に引続き挑戦している。
・若手映像クリエイターの発掘・育成を第一の目標に掲げ、地道な努力と工夫を重ねて着実な成果を上げてきた。多くのクリエイターが国内外の映画界・映画祭に活躍の場を広げ、今や日本を代表する若手の登竜門の映画祭として認知されるに至っている。
・地域に支えられ共に歩んだ映画祭である。地域を代表するイベントとして定着しつつあり、今後とも世界に誇れるイベントを目指して地域住民と手を携えて努力を続けたい。
・映画祭の発展を梃子に、地域起こし(映像を核とした地域文化の振興、地域コミュニティの活性化、先端映像産業による地域経済の振興)に貢献する。

3 補助事業に係わる成果物
(1)補助事業により作成した印刷物
■開催告知ガイド(和文) A2          ■開催告知ポスター B1
■開催告知ガイド(英文) A2          ■開催告知ポスター B2
■開催告知ポスター B3

■公式プログラム                ■イベントチラシ A4

■デイリーニュース

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4 事業内容についての問い合わせ先
団体名: 特定非営利活動法人 さいたま映像ボランティアの会
(トクテイヒエイリカツドウホウジン サイタマエイゾウボランティアノカイ)
住   所: 〒333-0845
埼玉県川口市上青木西1-20-3 産業文化会館206
代 表 者: 理事長・田中 一成(タナカ カズナリ)
担当部署: 本部(ホンブ)
担当者名: 冨永 威允(トミナガ タケヨシ)
電話番号: 048-259-3421
FAX: 048-253-1305
E-mail: eizov@bf7.so-net.ne.jp
URL: http://www.eizov.com/
http://www.skipcity-dcf.jp/

平成29年度JKA補助事業概要
平成28年度JKA補助事業概要
平成27年度JKA補助事業概要
平成26年度JKA補助事業概要
平成25年度JKA補助事業概要
平成24年度JKA補助事業概要

補助事業概要の広報資料

banner2 bunner-autorace240

補助事業番号 28-1-096
補助事業名 平成28年度学術・文化の振興のための活動 補助事業
補助事業者名 特定非営利活動法人 さいたま映像ボランティアの会

1. 補助事業の概要
(1)事業の目的
映画の第3次革命と称されるデジタルシネマにフォーカスしたSKIPシティ国際Dシネマ映画祭を開催する。世界から作品を公募し、第一次審査を経てノミネートされた作品を、4Kデジタルシネマプロジェクターによる最高水準の上映環境で上映する。

国内外の映画界の第一線で活躍する著名な映画人からなる審査員が、各部門の優秀作品を選び表彰する。当映画祭の開催を通じ、未来の映像業界を担う若い才能を発掘・育成し、また、地域の住民が良質且つ最先端の映像文化に触れる機会を提供する。

これにより、個性豊かな地域文化の創造と活力ある地域の発展を実現するとともに、21世紀の映像文化の健全な発展を図り、もって公益の増進に寄与する。また、地元川口市のオートレース事業を映画祭来場者に広くPRし、オートレース事業の一層の発展にも寄与する。
(2)会 期:2016年7月16日(土)~24日(日)
(3)開 催 地:SKIPシティ(埼玉県川口市上青木3-12-63)
こうのすシネマ(埼玉県鴻巣市本町1-2-1)
彩の国さいたま芸術劇場(埼玉県さいたま市中央区上峰3-15-1)

%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%ef%bc%91

(4)実施内容
① コンペティション部門:長編部門(国際コンペティション)は88の国と地域から715本(うち国内64本)、短編部門(国内コンペティション)は146本、アニメーション部門(国内コンペティション)は58本のエントリーがあった。13名の一次審査委員が選考に当たり、海外長編9作品、国内長編3作品、短編とアニメは各12作品をノミネートし、選ばれた作品を各2回ずつ上映した。

岡田裕氏(映画プロデューサー)を委員長とする国際審査員、桝井省志氏(映画プロデューサー)を委員長とする短編審査員、氷川竜介氏(明治大学大学院客員教授)を委員長とするアニメーション審査員による厳正な審査を行い、長編は、最優秀作品賞、監督賞、脚本賞、SKIPシティアワード各1作品、短編は、最優秀作品賞1作品と奨励賞2作品、アニメーションは最優秀作品賞1作品、奨励賞2作品を選定し、トロフィー・賞金を贈り表彰した。

尚、SKIPシティアワード受賞者には、次回長編制作時の器材無償貸与等の支援を行う。受賞作品は次の通りである。

【長編】最優秀作品賞 『朝日が昇るまで』(メキシコ)、監督賞『タンナ』(豪・バヌアツ)、脚本賞『アヒルからの贈り物』(ベルギー)、SKIPシティアワード『見栄を張る』(日本)。

【短編】最優秀作品賞『嘘をついて』、奨励賞『テイク8』、『夕暮れの催眠教室』。
【アニメーション】最優秀作品賞『こんぷれっくす×コンプレックス』、奨励賞『愛のかかと』、『あたしだけをみて』。

*観客人気投票では、長編は『タンナ』(豪・バヌアツ)、短編は『想影』、アニメは『こんぷれっくす×コンプレックス』が各1位に選ばれた。

%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%ef%bc%92

② オープニング上映:「若手映像クリエイタ―の発掘・育成」を強化すべく立ち上げたプロジェクトの第2弾として、映画祭実行委員会が主体となり製作した『話す犬を、放す』をプレミア上映。2013年度映画祭でノミネートされた熊谷まどか監督の初長編作
③ 特別招待作品…本年度ベルリン映画祭で銀熊賞を受賞した『長江図』(中国)と『I PHONE YOU』(中国・ドイツ)を上映。
④ シネマ歌舞伎…中村勘三郎の最後の舞台となった歌舞伎座さよなら公演での『春興鏡獅子』。を上映。

⑤ 長編アニメーション上映…第39回日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した『バケモノの子』と埼玉県秩父を舞台にした『心が叫びたがってるんだ』を上映。
⑥ バリアフリー上映(日本語字幕+音声ガイド付)…第39回日本アカデミー賞最優秀作品賞他を受賞した『海街diary』。
⑦ 関連企画…
・ママ・シアター:赤ちゃん連れの方限定のイベントとして開催。『ベニシアさんの四季の庭』を上映。
・カメラクレヨン:「川口子ども映画クラブ」制作作品2本と小学5年生がTV番組作りに挑戦した9本を上映。
・コバトンTHEムービー:地元で活動する若手映像クリエイタ―が制作した短編作品の上映と関連イベント。
・映画制作ワークショップ:初心者向けに、1日でシナリオ作りから上映までを実習。
・映画祭アニメーションCMメイキングセミナー:セミナーとパネルディスカッション。
⑧ 野外映画会…子供たちに人気のアニメを上映(17日『ハルのふえ/アンパンマンが生まれた日』、18日『トムとジェリー シャーロックホームズ』、23日『忍たま乱太郎/おじゃる丸/わしも』)。家族連れを中心に計1000名を超える観客で賑わった。
⑨ 映画祭関連イベント(SKIPシティ夏祭り)…ふれあいイベント、オートレースPRコーナー、川口ストリートジャズ、盆踊り、夜店、交通安全サイト君、一日動物村、ベーゴマ教室、野菜ソムリエ、リングに賭ける青春、シネマカフェ、臨時保育サービス他 。

eigasai-3

⑩ サテライト上映…県内各地のより多くのファンが映画祭を楽しめるよう、彩の国さいたま芸術劇場とこうのすシネマで、2日間(7/17,18)に亘り、オープニング作品と短編ノミネート作品全12本を上映した。

%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%ef%bc%94

(5)成果
・ 長編コンペティション部門(海外)応募作品数
651作品(目標 400作品/前回 414作品)
・ 国内長編コンペティション部門(国内)応募作品数
64作品(目標 50作品/前回 55作品)
・ 短編コンペティション部門応募作品数
146作品(目標 125作品/前回 134作品)
・ アニメーション・コンペティション部門応募作品数
58作品(目標 70作品/前回 81作品)
・ 総観客数 9,050名(目標 9,000名/前回 9,375名)
・ 総来場者数 52,466名(目標52,000名/前回 54,810名)
・ 応募国数 88の国と地域(前回 74の国と地域)

2. 予想される事業実施効果
・ 世界初のデジタルシネマ専門の国際映画祭。その普及・発展に当映画祭が果たした功績は高く評価されている。
・ 当映画祭は、若手映像クリエイタ―の発掘・育成を第一の目標に掲げ地道な努力と工夫を重ねて、着実な成果をあげてきた。当映画祭を巣立った多くのクリエイターが国内外の映画界・映画祭に活躍の場を拡げ、今や、「日本を代表する若手の登竜門」たる映画祭との評価を得るに至っている。
・ 地域に支えられ共に歩んだ映画祭である。地域を代表するイベントに育ちつつあり、今後とも全国に誇れるイベントを目指し住民と手を携え努力を続けたい。
・ 映画祭の発展を梃子に、地域起こし(映像を核とした地域文化の振興、地域コミュニティの活性化、先端映像産業による地域経済振興)に貢献する。

%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%ef%bc%95

%e6%98%a0%e7%94%bb%e7%a5%ad%ef%bc%96

4.事業内容についての問い合わせ
団 体 名: 特定非営利活動法人 さいたま映像ボランティアの会
住 所: 333-0845
川口市上青木西1-20-3 産業文化会館206
代表者名: 理事長 田中 一成(タナカ カズナリ)
担当部署: 本部(ホンブ)
担当者名: シニア・コーディネーター 井上 宏(イノウエ ヒロシ)
電話番号: 048-259-3421
FAX: 048-253-1305
E-mail: eizov@bf7.so-net.ne.jp
U R L: http://www.eizov.com/index.php
http://www.skipcity-dcf.jp/

平成28年度JKA補助事業概要
平成27年度JKA補助事業概要
平成26年度JKA補助事業概要
平成25年度JKA補助事業概要
平成24年度JKA補助事業概要

オートレース補助金

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016開幕へ!

当会も主催者の一員です。映画祭の内容をパンフレットなどで良く理解し、
宣伝、スタッフ参加などあらゆるシーンで成功のため努力しましょう。
映画祭2016バナー

■「映画祭ボランティアスタッフシフト表」の配布について
  映画祭のボランティアスタッフ該当者に別途「映画祭シフト表」を配布します。
各自の勤務日・時間・勤務場所を良く確認して下さい。
万一、都合の悪い場合は早急に事務局までご連絡下さい。

■映画祭ボランティアスタッフ説明会について
下記の日程で映画祭ボランティアスタッフの説明会が行われます。
上記シフト表に記載されている該当者は必ず出席下さい。
【説明会 7月9日(土)、10日(日)両日共10-12時 ビジュアルプラザ4F会議室(どちらか1日で結構です)】



jka補助金事業バナー

応援する市民の会

1P
2P
3P
4P
5P
6P

ATT09125
ATT09120
ATT09128

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016始動! 駅頭PR6月11日(土)スタート

イベント担当の会員の方に・・・活動可能日を事務局までメール等でご連絡下さい

7月16日(土)~7月24日(日)に開催されるSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016が迫ってきました。

 6月上旬には記者会見で詳細が発表され、6月11日(土)から駅頭PRがスタートします。
 前号でもお知らせいたしましたがこの映画祭にスタッフとして活動希望のイベント係の方は至急事務局
 までメールなどでご連絡下さい。尚、スタッフ説明会は7月に入ってから行われる予定です。詳細は次号で

デジタル君

この事業はオートレースの補助金を受けて実施しています


jka補助金事業バナー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016(イベント担当の方)活動可能日の登録について

7月16日(土)から24日(日)までの9日間、SKIPシティを会場に「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016」が開催されます。この映画祭のスタッフとして活動されるイベント担当の会員の事前登録を行います。希望される方は映画祭開催期間中の活動可能日をメール又は電話で事務局までご連絡下さい。

映画祭2016バナー

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015 来月開催!

12回目を迎えた「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2015」が

7月18日(土)から7月26日(日)の9日間
   
開催されます。

詳細を発表する記者会見が6月3日(水)行われ、
いよいよスタートです。

内容については次号でお知らせいたしますが日程の大要は次の通りです。


チケット販売/6月4日(木)~ 
駅頭PR/6月13日(土)~ 
スタッフ説明会/7月11日am&12日am