Author Archives: admin




bunner-autorace240

新年あけましておめでとうございます

特定非営利活動法人 さいたま映像ボランティアの会 理事長 田中一成

お健やかに新年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
旧年中は、埼玉県、川口市、株式会社デジタルSKIPステーション及び当法人の協力維持会員各位には、格別のご支援を賜り厚く御礼申し上げます。
活動会員の皆様にはコロナ感染によるイベントの制限が続きご迷惑をおかけしましたが、実施されたイベントでの活動ありがとうございました。
埼玉県、川口市、㈱デジタルSKIPステーションとの協働事業である「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021」についてはオンライン配信による開催となりましたが、「映画産業の発展と若手クリエイターの発掘と育成」にお役に立てたとしたら幸いです。
尚,この映画祭は例年オートレース(公財JKA)より多大なご支援を賜わっており、御礼申し上げます。より一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。
新しい年の皆様のご健康とご活躍を謹んでお祈り申し上げます。

令和4年 元旦

当会の役員をご紹介します(敬略・順不同)

【理事長】 田中一成 
【理 事】 丸山晃、濱口幸一、浅見洋子(兼事務局長)、国弘よう子、室伏哲郎
【監査役】 久保田三千春、野澤俊雄

当会を支援して頂いている維持会員(法人)をご紹介します。(敬略・順不同)

㈱デジタルSKIPステーション、㈱城南製鋼所、㈱向山工場、伊藤鉄工㈱、埼玉建興㈱、
㈱ジェイコム埼玉・東日本川口・戸田局、㈱シルバーホクソン、巧和工芸印刷㈱
セントラルインターナショナル㈱、税理士法人小林合同会計、川口機械工業協同組合、
川口商工会議所、川口鋳物工業協同組合、?浅見鋳工場

アトリア企画展「アートな年賀状展2022」

アトリア企画展「アートな年賀状展2022」は令和4年1月7日(金)から23 日(日)業務支援を実施いたします。該当者の皆様はよろしくお願いいたします。




bunner-autorace240

補助事業概要の広報資料

整理番号  2021P-089
補助事業名  2021年度 学術・文化の振興のための活動 補助事業
補助事業者名  (N)さいたま映像ボランティアの会

1 補助事業の概要
(1)事業の目的
SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021を開催。昨年に続き、コロナウィルスの影響で会場での上映は中止し、作品をインターネットで配信する形での開催となった。
映像制作における新たな才能を発掘・育成し、映画業界の発展に寄与するとともに、多様な文化に基づいた作品の鑑賞機会を広く全国の観客に提供し、作品を楽しんで頂くとともに異文化理解への一助ともなる。

(2)実施内容
■SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2021の開催 (http://www.eizov.com/?p=3029)
■会期:2021年9月25日(土)~10月3日(日)
2月15日から4月5日まで作品の公募を行い、104の国と地域から1084本の応募があった。うち、国際コンペティションには807本、国内コンペティション長編部門に82本、短編部門に195本の応募本数だった。
11名の一次審査員が予備選考を行ったうえで、映画祭事務局作品部により国際コンペティション10本、国内コンペティション長編部門6本、同短編部門に8本を選出して開催期間中にインターネット配信を行った。
視聴者の投票により観客賞を決定するとともに4名の国際部門審査員と、3名の国内部門審査員による最終審査を実施し、次の通り作品を選出、オンラインでの授賞式により表彰した。
■国際コンペティション
最優秀作品賞 : 『ルッツ』(マルタ)
監 督 賞  : 『ライバル』(ドイツ、ウクライナ)
審査員特別賞 : 『シネマ・オブ・スリープ』(カナダ)
『ミトラ』(オランダ、ドイツ、デンマーク)
観 客 賞  : 『国境を越えてキスをして!』(ドイツ)

■国内コンペティション
SKIPシティアワード : 『カウンセラー』
優 秀 作 品 賞 : 『夜を越える旅』(長編部門)
『リトルサーカス』(短編部門)
観  客  賞   : 『夜を越える旅』(長編部門)
『リトルサーカス』(短編部門)

2 予想される事業実施効果
①若手映画監督の発掘と育成
上映は中止となったが、例年通り作品を募集し、これまでと遜色のない本数の応募作品の中から厳選された作品をノミネートして配信、表彰出来たことで観客や関係者に対して新たな才能を紹介することが出来た。
本映画祭も各賞の授与(SKIPシティアワード受賞者には次回長編制作時にSKIPシティの映像制作施設・設備を一定期間利用出来る権利を付与)や上映会等を通して育成を続けていく。

②映像産業への貢献
若手映画監督の発掘と育成により、映像業界に新たな才能を輩出し、多様な作品の製作や興行収入の拡大に貢献する。

③映画ファン裾野の拡大
作品の配信を行うことで、映画祭に直接アクセス出来ない観客にも鑑賞機会を提供出来、シネコンでは鑑賞出来ない多様な映画の存在をアピール出来た。

④異文化への理解の促進
作品と異文化への理解をより深められるよう、昨年に続き製作者へのインタビューを配信した。ノミネート作品にも多様な文化を背景とした社会派の作品が数多く見られた。

3 補助事業に係わる成果物
(1)補助事業により作成したもの

4 事業内容についての問い合わせ先
団体名: 特定非営利活動法人 さいたま映像ボランティアの会
      (トクテイヒエイリカツドウホウジン
                 サイタマエイゾウボランティアノカイ)
住   所: 〒333-0845 埼玉県川口市中青木1-5-30 ル・ブランシェ101
代 表 者: 理事長 田中一成(リジチョウ タナカカズナリ)
担当部署: 本部(ホンブ)
担当者名: 冨永威允(トミナガタケヨシ)
電話番号: 048-259-3421  FAX:048-253-1305
E-mail: eizov@bf7.so-net.ne.jp
URL: http://www.eizov.com/

http://www.skipcity-dcf.jp/

令和3年度JKA補助事業概要
令和2年度JKA補助事業概要
令和1年度JKA補助事業概要
平成30年度JKA補助事業概要
平成29年度JKA補助事業概要
平成28年度JKA補助事業概要
平成27年度JKA補助事業概要
平成26年度JKA補助事業概要
平成25年度JKA補助事業概要
平成24年度JKA補助事業概要