Monthly Archives: 4月 2018

さいたま映像ボランティアの会について

会の概要

定款

さいたま映像ボランティアの会について

埼玉独自の映像文化の創出、映像関連人材の育成という目標
の実現に向けて、映像ボランティア組織「さいたま映像ボラ
ンティアの会」を設立することになりました。
この会は映像を通して新しい地域文化活動の自律的推進と
県内各地域での映像制作活動やSKIPシティ映像ミュージアム
における映像文化の普及・教育活動を支援することを活動の
基本としていきます。
○ 営業日 毎週火曜日~土曜日
午前8時50分~午後6時
○ 休業日 毎日曜日、月曜日 及び祝日

■法人名

NPOさいたま映像ボランティアの会

■所在地

〒333-0845
埼玉県川口市上青木西2丁目11-8 中銀新青木公園マンション8号棟1F110号
TEL:048-259-3421
FAX:048-253-1305
e-mail:eizov@bf7.so-net.ne.jp
http://www.eizov.com

■顧問

■名誉会員

大林宣彦 映画監督

■理事

理事長 田中一成
理事 丸山 晃  埼玉新聞社 顧問
理事 国弘よう子 映画評論家
理事 村越久雄  彩の国埼玉県映像連盟顧問
理事 濱口幸一  早稲田大学川口芸術学校
理事 浅見洋子  さいたま映像ボランティアの会事務局長
理事 室伏哲郎  (有)メディアリミックスコミュニケーションズ代表取締役
監事 野澤俊雄 情報設計㈱代表取締役
監事 小宮山恭一郎 巧和工芸印刷㈱代表取締役

■会員

630名(H26.4)

■設立等

平成13年11月 さいたま映像ボランティアの会発足
大林宣彦・岡村幸四郎・滝沢裕二
丸山晃・国弘よう子・野澤俊雄
田中一成

平成14年3月 特定非営利活動法人として認証
平成15年2月 SKIPシティオープン
”ビジュアルプラザ”運営支援開始
平成15年4月 理事長 田中徳兵衛・役員改選(留任)
平成17年4月 理事長 児玉洋介・役員改選(新任)
平成19年6月 役員改選(留任)
平成21年6月 役員改選(留任)
平成24年6月 理事長 田中一成・役員改選(新任)
事務局長 浅見洋子(新任)
平成26年6月 役員改選(留任)
平成29年6月 役員改選(留任)

■維持会員(法人・順不同)

㈱デジタルSKIPステーション/(株)ジェイコム埼玉・東日本 川口・戸田局
㈱エンプラス/㈱向山工場/埼玉建興㈱
セントラル インターナショナル(株)/㈱城南製鋼所
伊藤鉄工㈱/㈱シルバーホクソン
巧和工芸印刷㈱/小林合同会計事務所
浅見鋳工場/川口商工会議所
川口機械工業協同組合/川口鋳物工業協同組合


■売上額

平成14年度(1回) 32,963,813円
平成15年度(2回) 75,903,024円
平成16年度(3回) 82,227,867円
平成17年度(4回) 102,000,000円
平成18年度(5回) 103,367,997円
平成19年度(6回) 94,249,245円
平成20年度(7回) 94,027,044円
平成21年度(8回) 90,233,952円
平成22年度(9回) 91,795,023円
平成23年度(10回) 85,174,959円
平成24年度(11回) 81,909,003円

平成27年度(14回) 82,122,489円
平成28年度(15回) 93,918,314円
平成29年度(16回) 92,568,312円
平成30年度(17回) 98,639,300円




bunner-autorace240

重要ミュージアムガイド・館内インス、館外インス連絡会のお知らせ

既に該当者にはメール等で連絡済みですがミュージアムガイド・館内インストラクター及び館外インストラクターの

連絡会が下記の通り行われます。

インストラクター、ガイドの資格者は必須です。出欠を事務局までご連絡下さい。

【日時】 4月13日(金)

【場所】ビジュアルプラザ4F研修室2

  • ガイド・館内インス合同連絡会 10:00-12:00
  • 館外インス連絡会 13:00-17:00

重要ミュージアムガイド研修及び資格試験の実施のお知らせ

ミュージアムガイドの研修が次の通り行われます。

新入会員及びイベント会員の方の参加をお願いします。

【研修日時】4月9日(月)、4月16日(月)、4月23日(月)いずれも10;00-16:00

     【研修場所】ビジュアルプラザ4F研修室2  

重要再録2018年度会員更新手続きが未だな方は至急手続きをして下さい

前号でお知らせしました平成30年度会員更新手続きがまだな方は至急手続きをして下さい。

会員更新されない方は当会の各種活動、勤務に参加できません。

手続きは年会費1000円の納入が要件です。

至急事務局まで

「2018年5月度映像ミュージアム勤務表」の配布について

昭和30年5月映像ミュージアム勤務表」を該当者に別紙配布します。

各自の勤務日、勤務場所を確認下さい。

万一都合の悪い場合は事務局までご連絡下さい。

「2018年6月、7月度の活動スケジュール」配布について

「平成30年6月、7月度の活動スケジュール」を別紙で配布致します。

活動可能日、勤務希望場所を記入し4月10日(火)までに事務局まで提出下さい。

尚、7月13日(金)~22日(日)は国際Dシネマ映画祭2018が開催されます。

アトリア企画展「地域のなかのアートな居場所」の支援業務について

アトリアでの企画展「地域のなかのアートな居場所」の支援業務を実施します。該当者には別紙で連絡いたします。

【前期】2018年4月7日(土)~30日(月・祝)

【後期】 2018年5月2日(水)~20日(日)

埼玉県広報紙「彩の国だより」 3月号に次世代とのふれあい として「さいたま映像ボランテ ィアの会」が取り上げられました

(写真、記事は彩の国だよりWEB版より転載)

川口市のSKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアムでは、NPO法人さいたま映像ボランティアの会(川口市)が館内のガイドなどを行っています。会の活動分野は幅広く、「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」の主催にも名を連ねます。1000人を超えるボランティアの日程などを管理するのが事務局長の浅見洋子(あさみようこ)さん(67)です。
「毎年新人を募集する。年代は幅広いが生き生きしているのは皆同じ。子供の目の輝きやお客様の感謝に出会えることが大きな喜びになっている」
活動には専門的な知識や技術が求められる分野もあります。菅原襄(すがわらのぼる)さん(74)はこう話します。
「元々音響や映像機器の操作が趣味で、その知識を生かせるかなと、気軽に入会した。今は生きる張りになっている」
落語研究会出身という林芳男(よしお)さん(68)は、人前で話す経験が活動に生きているとか。
「他の団体の仲間は同世代が多いが、ここには世代を超えた仲間がいる。子供たちとの触れ合いも大きな励み」
活動分野の幅広さや規模には驚きましたが、参加の動機は意外に身近な趣味や経験とつながっているのですね。


▲子供たちに映像の楽しさを紹介